しあわせの中へ
直感こそ天からのメッセージであり、この世界を楽しむための気づきです。
自分に宿る「一つなる存在」に気づくこと

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

ハイビスカス

ハイビスカス


老子の言葉
第39章 自分に宿る「一つなる存在」に気づくこと

コノ世の原初に「一つなる存在」を授かってできた物事。つまり天は「一つなる存在」を授かって地球原初の混沌とした空が澄み渡り、
天地は「一つなる存在」を授かって安定し、神は「一つなる存在」を授かって聖霊となり、
渓谷は「一つの存在」を授かって水に満たされ、万物は「一つなる存在」を授かって誕生し、
王様たちは「一つなる存在」を授かって、天下を治める立場になりました。
コノ世のすべてを生じさせるのは、「一つなる存在」なのです。

もし天が「一つなる存在」を授かっても澄み渡らなければ、恐らく天が裂けるでしょう。
もし大地が「一つなる存在」を授かっても安定していなければ、恐らく大地は崩れるでしょう。

もし神が「一つなる存在」を授かっても聖霊になれなければ、恐らく活動ができないことでしょう。
もし渓谷が「一つなる存在」を授かっても水が張らなければ、恐らく枯れることでしょう。
もし万物が「一つなる存在」を授かっても生じなければ、恐らく滅びるでしょう。
もし王様たちが「一つなる存在」を授かってもおこないが正しい人物になれなければ、倒されることでしょう。
そして、高価なモノという区別をする認識は、賤しいモノを基本に持つから出てくるのです。高いものという意識にも、低いモノを基本に持ちます。
また、王様たちは自分のことを「天涯孤独な者」「家族を亡くした者」「役立たずな者」と称します。はたしてこれは、賤しい心を基本に持つからでる言葉なのでしょうか、それとも違うのでしょうか?

だから名誉を数多く得る行動をしますと、逆に真にほめられることはないでしょう。
美しい宝石のように自分はなろうとは欲せずに、ありふれた普通の石でありなさい。つまりは、美しい宝石や普通の石などと、区別する意識を自分自身は持とうとせずに、ただ「一つなる存在」を自分がすでに持つことに気づくことがコノ世のすべてなのです。

柔訳老子の言葉/谷川太一/経済界


この世のすべてを生じさせるのは「大いなる一つの存在」なのです。
その「大いなる一つの存在」は創造主であり、神や自然を創り、何でも叶えることができます。
もし人間は「大いなる一つの存在」が自分の中にあるのにもかかわらず、自分自身を生かすことができなければ、生きる意味が無くなってしまいます。
そして、「大いなる一つの存在」が自分の中にあることに一生をかけてでも気づくようにと、老子様からの重要なメッセージなのです。

人間は、他人と比較して、自分を卑下してしまい、それが悩みの原因になります。
悩み苦しみから解放されるには、その比較をやめることなのです。
高価なものを区別する意識を自分が持っていることに気づきましょう。
あなたの中にある「大いなる一つの存在」に聞いてみましょう。

高価なものが良いと思っていますか。
高価なものを欲する自分をどう思いますか。
高価なものが手に入らない自分をどう思いますか。
自分をいやしいと思っていませんか。
その自分が悩み苦しいのではないですか。
自分を認めて安らぐためには、高価なものを欲する意志を捨てられますか。

高い給料や、高い地位、高い名声、高い学歴の対しても同じです。
あなたの中にある「大いなる一つの存在」に聞いてみましょう。

悩み苦しむのは、今までのあなたが変わりたいと言っているのではないでしょうか。
あなたがどう変わりたいかを「大いなる一つの存在」に聞いて、確かめていくのです。
あなたの中には、「創造主の一部分」があります。
あなたの本質を出すことが、あなたらしく生きることで、人生の目的であると老子様は伝えたいのです。


チャネリング/ヒプノセラピー/カードリーディング/パワーストーン
ハーモニーセラピー&ストーン

スポンサーサイト
大いなる無名の功労者

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

ブーゲンビリア

ブーゲンビリア


老子の言葉

第34章 大いなる無名の功労者

根源存在(大いなる心理)とは、どこまでもすべてに行き渡って満ちており、万物を自然に左右させています。
万物は、根源存在に頼み込んで世に生まれるのでありますが、根源存在はそのことに恩を着せることがありません。

根源存在は、無名のまま黙って陰で、万物を上手に育ててくれます。そして万物を育てても、根源存在は名乗らずに隠れたままです。

根源存在は常に無欲なのです。だから、そのお働きは隠れているために小さすぎて見えません。しかし、万物を生み出して育てていても、万物の主人であると名乗り出ないとは、本当の大いなる存在だと言えるでしょう。
根源存在は最後の最後まで、自分から大いなる存在だとの乗り出ることがありません。だからこそ、本当に大いなる仕事を陰で成すことが可能になるのです。

柔訳老子の言葉/谷川太一/経済界


柔訳老子の言葉 (ジュウヤクロウシノコトバ)柔訳老子の言葉 (ジュウヤクロウシノコトバ)
(2013/04/25)
谷川 太一

商品詳細を見る


大いなる存在は最初から最後まで名乗ることをしません。恩も着せません。万物を生み出して、育てているのです。
神様は、完全に無名で陰で仕事を成し、大きなことも難なくこなします。
有名、、知名を表に出したり、恩を着せることは、感謝に値しないと老子様は教えています。される側の心理面から言って、してはならないことに含まれます。通常は、自ら名乗ることで利益になったり、恩を着せて買わせたりすることは人のためにはならないことです。

見えないところでの行いや仕事を、努力して貢献しているからこそ、大きなことも難なくこなすことができるのです。
小さなことや、見えないことにも感謝することに気づきましょう。

目の前にあるものは、当たり前ではなくてたくさんの過程を経てここに存在します。
食べ物は種と、大地、太陽、水分、人の手、運ぶ車、お金もかかっています。
食べ物からは何も言わないのですが、感謝の気持ちが湧いてきます。

親は、子どものために何でも与えます。無欲で育てあげるのですが、その子どもは親の働いている姿はほとんど見ていないので、感謝することができません。見えないところに気づくことができないのです。2500年前を生きた老子様が今の世代の人々に呼びかけているようです。

成功するためには、有名になることが秘訣ではないのです。
神様のエッセンスは、無名でも努力して、たとえ小さなことでもつくすことだと教えています。
自らは、無名を通す徹底した堅い意志を持ちましょう。それが、大いなる仕事につながるのです。


チャネリング/ヒプノセラピー/カードリーディング/パワーストーン
ハーモニーセラピー&ストーン

自分自身で変わることが可能なのです

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

ダリア

ダリア


老子の言葉

第52章 自分自身で変わることが可能なのです

この世には始まりがあり、それを原始の母と呼びます。
その母親のことが理解できれば、その子ども(この世)のことも知ることができます。その子ども(この世)のことを理解して、その原始の母親(大いなる存在)を大切にしていれば、その人間は生涯にわたり危険に遭うことがありません。

人間は肉体の穴(目耳口鼻・性器・肛門)という穴を塞ぎ、そこから起こる欲心を閉じることができれば、生涯にわたり疲れることがありません。また、快楽のための穴を開いて、欲情にとらわれている限り、一生救われることがありません。

小さな物事に気づけることを、本当の明知(めいち:優れた知能)と言います。柔軟に臨機応変に生きる人は、本当に強い人間と言えます。

その明知と柔軟さの光をもって、もし自分が明るい心境に日々常に戻ることができますと、自分の身に災いが起こることが絶対ありません。このように実践して生きることは、「自然の流れに従う」という人間の最善の生き方なのです。

柔訳老子の言葉/谷川太一/経済界


子ども(この世)のことさえも理解できずに悩みが続いている場合は、まず原始の母親(大いなる存在)を大切にしていれば安全でいられるということです。
すべての物を創造した大元の存在に自然に感謝できるようになると、この世のことが分かり上手く行くようになっていくのです。そして一生涯同じように続く真理だと老子は言っています。

人間の欲情についてもきっぱりと、感覚的なことを重要視することが悩み続けると言っています。快楽を求める限り悩み続けることになるのです。悩みを無くしたいならば、欲さえもコントロールするということです。いずれ年をとれば関係なくなるのですから、自分で決められるのです。

日常の中の些細な変化や気づきを、見逃さずに自分で対処していくと、大きな問題は起きません。たとえどんなことが起きても、常に明るくポジティブにいることで、不幸なことや事件は起きません。
このように柔軟に自分を変えて生きることが強い人間で、しあわせになることだと言っています。

創造主に感謝を気持ちを持つこと、まわりの人間と自分にも感謝することの大切さを教えています。あとは安全に過ごせます。
人生での悩みは、自分を変えることが重要です。その問題は、自分をどのように変えるかを学んでいるのです。
どんなときも、明るさを忘れないことは真理です。泣いて、悲しんで、怒った後には笑顔に戻る柔軟性を身につけましょう。
自分自身で変わることが可能なのです。悩みがなくなり、強い人間でしあわせになっていくのです。

老子のこの壮大な世界観から、自分の柔軟性伸ばすことが重要であるとの視点が素晴らしい章です。
肉体的な欲求をとりあげて、煩悩を無くするところも人間的で、味わい深いです。
最後の明るく生きることは、誰でもできることをよく言ってくださいました。それこそ感謝です。ありがとうございます。


チャネリング/ヒプノセラピー/カードリーディング/パワーストーン
ハーモニーセラピー&ストーン


まずは家庭から始まります

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

サルビア

サルビア


老子の言葉

第三十章 まずは家庭から始まります

人道的な良心を持って君主(王様)をサポートしている真に優れた官僚は、軍隊をもって社会を制圧しようとはしません。
もしそんな支配を民衆にすれば、必ず国家に跳ね返るものです。
国家に軍師がいればその国の農地は紛争のために荒れ果てることになります。だから大きな戦争のあとは、必ず凶作となり国家が飢えることになります。

もし善い優れた官僚が国家にいれば、戦争をしなくても目的を果たすことができます。戦わずして勝つのです。そして勝利しても誇らず、勝利しても自慢せず、勝利しても驕らずに、やむを得ず実行しただけだと言います。そして勝利しても、相手にさらなる強制的な支配をしようとはしません。

この世の物事は、強制することは必ずダメになっていきます。このことを「不自然な道」と言います。不自然な道は、早く終わりを告げるものなのです。

柔訳老子の言葉/谷川太一/経済界


老子は、国の政治家は軍事力を用いて、社会を治めてはならないと言っています。

戦争を始めるリーダーがいれば、国土が甚大な被害を被ります。

国家間の軍事力の競争や、核兵器の保有を含めて、国の優位性を競っているのが現状です。

いつまでたっても、武器の開発競争はなくなりません。

軍事競争自体が争うことで、国費の何パーセントが軍事費に投入されているのでしょうか。

戦争が社会にもそうして影響していますが、これは小社会である家庭のことにも、置き換えられることだと2500年前に生きた老子は言っていると思います。

家庭での力関係に問題が起きたときには、力にまかせて言うことを聞かせたり、抑圧したり、言い争いになったりします。

家族同士のぶつかり合いは、時々事件に発展するケースも起きています。

老子は、力の強い立場の人が示す態度と行動で、変わると言っています。

家庭で善い優れた者は、争わず、強制的な支配をしようとはしません。

相手に強制することが、不自然な道であり、してはならない行いです。

家庭での話し合いが、最も大切な運命を決めているのです。

相手とのコミュニケーションとることが、善い優れた者がするべきことではないでしょうか。

そして、誰もが争わずに目的を達成できるという意志を、持つべきです。

家庭の中から争いをなくして、しあわせになりましょう。


チャネリング/ヒプノセラピー/カードリーディング/パワーストーン
ハーモニーセラピー&ストーン


生きる意味

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

白いコスモス

白いコスモス



老子の言葉

第16章 生きる意味

自分の心を(空)っぽにして、自分に起こる物事を静観しましょう。そうすると、、いろんな物事が順番に並ぶように生じていますが、必ず消えていくことがわかります。

コノ世に生命はドンドン生み出されてきますが、必ずすべてが根源へと帰っていきます。根源に帰ることを「静寂(死)」と言い、これは大きな命の元に帰ることなのです。

命の元に帰る途中の過程を人生と言い、人生の本質を知ることを「知恵」と言います。知恵がなければ、人生に迷うことに必ずなります。

人生の知恵を持てば、生活を正しく・楽しく生きることができます。
人生を正しく生きる人は、公人(こうじん:社会のために尽くす人間)と自然となります。
社会に尽くせる人は、人生の本当の意味では王様なのです。
社会に尽くす王様とは、天の太陽と同じです。太陽は、与える一方の奉仕のカタマリです。
人の人生も、太陽と同じなのです。人間も朝日のように生まれ、高く昇り、そして日没のように消えていき、永遠の命の元に帰るのです。

柔訳老子の言葉/谷川太一/経済界



老子は、心を「空」にして、落ち着かせることで、起こる出来事はやがて消えていくこと、人間は生れてきて、いつか死んでいくということがわかってくると言っています。

人生で迷ったら「知恵」を持って、楽しく・正しく生きることで、自分のためから、人のために生きるようになっていくのです。

2500年前に生きた老子は、人のために生きることが王様であり成功者と言っています。

自分のことで精一杯では、まだ半人前だということです。

一生をかけてでも、人のために自分に何ができるかを、見極めて行動するのです。

それぞれの人生の本質を知ることこそ、生きる意味だと現代の人々に老子は訴えているような気がします。

今の自分さえ良ければという風潮は、本当に生きているとは言えない状態なのかもしれません。

大昔から、永遠の課題であり、人のために自分を生かすことが大切だと教えてくれています。