しあわせの中へ
直感こそ天からのメッセージであり、この世界を楽しむための気づきです。
6月30日大はらい

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那




大祓(おおはらえ)式は、毎年水無月(6月)・師走(12月)の晦日(つごもり)に宮中、神宮、神社等で執り行われ、日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪穢(つみけがれ)、不正不純なものを神の霊力により半年ごとに祓い清め、身も心も生まれ変わった清らかな人間本来の姿に立ち返り、清く明るく正しい生活を続けようという日本の伝統的な神事です。

【ここで云う「罪穢(つみけがれ)」とは己の身(身体)と気枯れ(心)のことを指します】

大祓の由来は、祓(はらい)や禊(みそぎ)にその源を発し神代以来の行事といえます。

日本神話の中で須佐男命(すさのおのみこと)が犯した罪により、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)にお隠れになり、国中が暗闇に包まれ皆が困っていたところ、天児屋命(あめのこやねのみこと)の奏上する祝詞(大祓詞)により岩戸が開き、天照大神がお出ましになられたと伝わるのが、大祓の起源とされます。

水無月(6月)の大祓には、心身を清めた後「茅の輪(ちのわ)神事」が行われます。これは『蘇民将来(そみんしょうらい)』の厄除けの故事から由来しており、須佐男命が旅の途中、蘇民将来の家に泊まられたとき、その御礼に茅の輪を授け、その芽の霊力により悪疫を免れることを教えられたという云い伝えによるものです。

境内には茅の輪が設けられ、これを3回くぐることにより身を清めます。

今年も半年が過ぎ去ろうとしています。

明日、時間があれば大祓に参加して半年の執着を浄化できたらと思っています。

7月からは気持ちも新たに、下半期をスタートさせたいですね。

私はこの半年間は目の前の事に集中してきました。

後半は健康管理をしながら、新たな流れに向かっていけるように余裕を持って過ごしたいと考えています。

毎日小さな変化が起きています。

その小さな変化に柔軟に対応していくと、いつの間にか大きな変化が乗り越えられるのです。

毎日自分の思った通りに対応することが、自分の望む変化を呼び込むことになるのです。

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

スポンサーサイト

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

靖国神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

靖国神社

靖国神社


靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

私が新大久保での占いの仕事を始める前に明治神宮はお参りに行きましたが、靖国神社へもお参りしたいと思っていました。

隣りの新宿歌舞伎町の靖国通りを通っていくと、向かう先は皇居と靖国神社なのです。

今まで仕事先にある神社は、その土地でのご縁を頂いたお礼参りのために参拝してきました。

先週の晴れた日に半蔵門線の九段下で降りてすぐに靖国神社の鳥居が見えて分かり易い場所にあります。

靖国神社は、日本の国を安らかに守護する神様なのでエネルギーはとても穏やかで、日本の霊ライン上にある神社なのです。

東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

10月から、金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

東京大神宮

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

大神宮

東京大神宮


御由緒
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯けけての願いでした。
江戸時代の新国家が誕生すると、明治天皇の御裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された東京大神宮は、最初の日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。
関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改めて今日に至っています。

御祭神
天照皇大神(伊勢神宮内宮の御祭神)
豊受大神(伊勢神宮外宮の御祭神)
天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神(造化の三神)
倭比賣命(天照皇大神の御杖代)

御神徳
東京大神宮はは「東京のお伊勢さま」と称されて親しまれていますが、伊勢神宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神(日本人の総氏神)と豊受大神(農業、諸産業、衣食住の守護神)、さらに倭比賣命を奉斎していることによります。
また天地万物の生成化育つまりと結びの働きを司る造化の三神があわせ祀られていることから、縁結びにご利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちのご参拝も多く、そこ御神徳は実に広大無辺なものがあります。

私は、占いの仕事で 恋愛や結婚の相談をたくさんのお受けしています。

縁結びの神様の前で恋愛や結婚の宣言したり、祈願する神社として、東京大神宮は東京の人たちには行き易く、御由緒もある神社なので、相談者の方におすすめをしていることもあり、私も参拝したかったのです。

20年前に、親戚の結婚式で訪れてからだいぶ経っての2回目の参拝です。

東京大神宮は、天照皇大神様の暖かくて優しいエネルギーを感じます。

その日も結婚式に列席した人たちや多くの女性や、カップルが訪れていました。

今年1月に伊勢神宮に行ってきましたので、今年は2度目の天照皇大神様の参拝ができてよかったです。

神社巡りをして、御朱印をもらい、その神社の神様を拝んで、自分が一歩づつ前進しているのが分かり、心地よく幸せを感じるのが嬉しいのです。

東京大神宮は、東京5社の一つで、日本の霊ライン上に含まれます。


東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

10月から、金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体