FC2ブログ
しあわせの中へ
天使からのスピリチュアルメッセージ
戸隠神社五社めぐり参拝ツアー②

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那





戸隠神社の奥社と九頭龍社の参拝が終わり、後半の三通を回るために宝光社の近くでバスを降りて地図を見ながら歩き始めました。


宝光社
祭神・祭神天表春命(あめのうわはるのみこと)
由緒・ご神徳杉の古木の中、270余段の石段を登ると神仏習合時代の面影を残す荘厳な社殿があり、その荘厳さは多くの信者の尊信を集めています。
祭神は中社祭神の御子神様で、開拓学問技芸裁縫の神・安産の神・女性や子供の守り神として御神徳があります。


前半のハードな石段登りで、体力を使い果たしていましたから、宝光社の270段の階段は避けて、女道であるなだらかな坂道の方を遠回りして登ることにしました。

ただ、高さは同じですから時間がかかりそちらもハードでした。

次に火之御子社に向かう山道を、落ち葉を踏みしめてグラウンディング感覚で地球と一体になるワークのようです。

地球や自然を信頼すると、転んだり滑ったりすることがなく歩けると本で読んだことを実行する機会が与えられたのです。


火之御子社(ひのみのしゃ)
祭神・天鈿女命(あめのうずめのみこと)
由緒・ご神徳承徳二年(1098)頃の創建で、岩戸の前で舞われた天鈿女命が主祭神で他に三柱の神様をお祀り申し上げております。
  戸隠山の神様が神仏習合されていた当時も、このお社だけは神社として終始しておりました。戸隠神社太々御神楽は、この神社に仕えていた社人によって古来より伝えられ現在に至っております。舞楽芸能の神、縁結の神、火防の神として尊崇されております。
近年は参拝される方が多く、境内には樹齢500年を超える『結びの杉(二本杉)』と有名な西行桜があります。


残るは五社の中では一番真ん中にあり、お店もあると言われている中社へ向かいました。


中社(ちゅうしゃ)
祭神・天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)
由緒・ご神徳素戔嗚尊の度重なる非行に天照大神が天岩戸にお隠れになった時、岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったという神です。学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があります。
また、境内には樹齢700年を超えるご神木、樹齢800年を超える三本杉があらます。


中社の奥にはさざれ滝があり、夕暮れから薄暗くなりかけていく中で崖に腰掛けて瞑想タイムをと李ました。

都会の喧騒から離れて、滝からのマイナスイオンが心身をリフレッシュできました。

三本杉にも手で触れて、杉の木が何世紀にも渡り、何もも言わずにこの世を見てきた精霊のエネルギーパワーを感じました。

ツアーのバスに戻るころには、すっかり日が暮れて街灯がない所は真っ暗になっていました。

今回のツアーは、五社をすべてまわることがてきて良かったと実感しています。

思った程には疲れなかったのは、戸隠の神様と大自然の守護のお陰でしょう。

一緒に行ってくれた友人が気遣いをしてくれて感謝です。

冬は雪で戸隠神社は閉めるそうなので、良い時期に参拝できてラッキーでした。

星有希那ホームページ

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

戸隠神社五社めぐり参拝ツアー①

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

戸隠門
戸隠神社・髄神門


先日、長野県にある戸隠神社に参拝してきました。

戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。
  江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。
明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。

5年前に同僚から、良い「気」の神社として勧められていました。

ツアーの予定と私と知人のお休みが合った日がやっとできて行くことができました。

御朱印を頂くのも目的だったので、戸隠神社は五社全てをお参りして初めて効力があると行きのバスの中で聞いて、途中でリタイアすることはできないと思ったのです。

事前の案内で、履き慣れた靴を履いてくるようにと言われていたので、かなり歩き回ると予想はしていました。

朝の集合は新宿都庁駐車場に、今までで一番早い6時40分時間です。

最初に参拝したのは、戸隠神社奥社と九頭龍社です。

山道中程にある萱葺、朱塗りの随神門は以前に吉永小百合さんがCMで行った場所なのを覚えていました。

戸隠山の中腹にある奥社まで石の階段の山道を、自分のペースで無理のないように必死で登りました。

身体を山の自然に任せて気楽にリズム良く、片道40分間自分を信じて汗をかきながら登り切りました。

奥社でおみくじを引いたので、1年間は戸隠五社ではおみくじが引くことができないらしいです。

ここから御朱印をいただきながらの戸隠神社五社巡りが始まりました。

つづく

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

6月30日大はらい

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那




大祓(おおはらえ)式は、毎年水無月(6月)・師走(12月)の晦日(つごもり)に宮中、神宮、神社等で執り行われ、日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪穢(つみけがれ)、不正不純なものを神の霊力により半年ごとに祓い清め、身も心も生まれ変わった清らかな人間本来の姿に立ち返り、清く明るく正しい生活を続けようという日本の伝統的な神事です。

【ここで云う「罪穢(つみけがれ)」とは己の身(身体)と気枯れ(心)のことを指します】

大祓の由来は、祓(はらい)や禊(みそぎ)にその源を発し神代以来の行事といえます。

日本神話の中で須佐男命(すさのおのみこと)が犯した罪により、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)にお隠れになり、国中が暗闇に包まれ皆が困っていたところ、天児屋命(あめのこやねのみこと)の奏上する祝詞(大祓詞)により岩戸が開き、天照大神がお出ましになられたと伝わるのが、大祓の起源とされます。

水無月(6月)の大祓には、心身を清めた後「茅の輪(ちのわ)神事」が行われます。これは『蘇民将来(そみんしょうらい)』の厄除けの故事から由来しており、須佐男命が旅の途中、蘇民将来の家に泊まられたとき、その御礼に茅の輪を授け、その芽の霊力により悪疫を免れることを教えられたという云い伝えによるものです。

境内には茅の輪が設けられ、これを3回くぐることにより身を清めます。

今年も半年が過ぎ去ろうとしています。

明日、時間があれば大祓に参加して半年の執着を浄化できたらと思っています。

7月からは気持ちも新たに、下半期をスタートさせたいですね。

私はこの半年間は目の前の事に集中してきました。

後半は健康管理をしながら、新たな流れに向かっていけるように余裕を持って過ごしたいと考えています。

毎日小さな変化が起きています。

その小さな変化に柔軟に対応していくと、いつの間にか大きな変化が乗り越えられるのです。

毎日自分の思った通りに対応することが、自分の望む変化を呼び込むことになるのです。

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

靖国神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

靖国神社

靖国神社


靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

私が新大久保での占いの仕事を始める前に明治神宮はお参りに行きましたが、靖国神社へもお参りしたいと思っていました。

隣りの新宿歌舞伎町の靖国通りを通っていくと、向かう先は皇居と靖国神社なのです。

今まで仕事先にある神社は、その土地でのご縁を頂いたお礼参りのために参拝してきました。

先週の晴れた日に半蔵門線の九段下で降りてすぐに靖国神社の鳥居が見えて分かり易い場所にあります。

靖国神社は、日本の国を安らかに守護する神様なのでエネルギーはとても穏やかで、日本の霊ライン上にある神社なのです。

東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

10月から、金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

東京大神宮

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

大神宮

東京大神宮


御由緒
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯けけての願いでした。
江戸時代の新国家が誕生すると、明治天皇の御裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された東京大神宮は、最初の日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。
関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改めて今日に至っています。

御祭神
天照皇大神(伊勢神宮内宮の御祭神)
豊受大神(伊勢神宮外宮の御祭神)
天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神(造化の三神)
倭比賣命(天照皇大神の御杖代)

御神徳
東京大神宮はは「東京のお伊勢さま」と称されて親しまれていますが、伊勢神宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神(日本人の総氏神)と豊受大神(農業、諸産業、衣食住の守護神)、さらに倭比賣命を奉斎していることによります。
また天地万物の生成化育つまりと結びの働きを司る造化の三神があわせ祀られていることから、縁結びにご利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちのご参拝も多く、そこ御神徳は実に広大無辺なものがあります。

私は、占いの仕事で 恋愛や結婚の相談をたくさんのお受けしています。

縁結びの神様の前で恋愛や結婚の宣言したり、祈願する神社として、東京大神宮は東京の人たちには行き易く、御由緒もある神社なので、相談者の方におすすめをしていることもあり、私も参拝したかったのです。

20年前に、親戚の結婚式で訪れてからだいぶ経っての2回目の参拝です。

東京大神宮は、天照皇大神様の暖かくて優しいエネルギーを感じます。

その日も結婚式に列席した人たちや多くの女性や、カップルが訪れていました。

今年1月に伊勢神宮に行ってきましたので、今年は2度目の天照皇大神様の参拝ができてよかったです。

神社巡りをして、御朱印をもらい、その神社の神様を拝んで、自分が一歩づつ前進しているのが分かり、心地よく幸せを感じるのが嬉しいのです。

東京大神宮は、東京5社の一つで、日本の霊ライン上に含まれます。


東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

10月から、金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体