FC2ブログ
しあわせの中へ
天使からのスピリチュアルメッセージ
寒川神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

寒川神社

江ノ島を出て茅ヶ崎へとクルマで海沿いを向かい、次の目的地寒川神社へ行きました。

寒川神社の御祭神
寒川比古命(さむかわひこのみこと)と寒川比女命(さむかわひめのみこと)のニ柱の神を祀り、寒川大明神と奉称しています。寒川大明神は相模國を中心に広く関東地方をご開拓になられ、衣食住など人間生活の根源を開発指導され、関東地方文化の生みの親神様として敬仰されてきました。
寒川神社は江戸(東京)から見て南西(坤)の地に鎮座しており、江戸(現在の皇居)の裏鬼門にあたります。また、通常社殿は南向き、もしくは東向きに建てられるのですが、寒川神社は南西を向いています。そのため、古来より関八州の守護神として、また江戸の裏鬼門をお護りする神社として崇敬され、とりわけ八方除・方位除の神様として信仰されてきました。

御由緒
雄略天皇(四五六~四七九)の御代に奉幣、また神亀四年(七二七)社殿建立と伝える記録があり、少なくとも約千六百年の歴史を有します。

先日は11月末に行ったので、七五三にお参りに来ている家族連れが、大勢菊と神社をバックに写真を撮っていました。

寒川神社でおみくじを引いたら、大吉が出たのではるばるクルマで行った甲斐がありました。

御朱印帳の表側が終わり、裏側に入りけっこう神社めぐりを続けることができて暮らしに余裕があるのだと実感しています。

来年は元号が変わることもあり、平成の時代を思いを残すことなく充実して締めくくれるように、行動を起こしていきたいと思っています。

皆様は年末でお忙しいと思いますが、急な寒波で体調を崩してしまわないように、お体に気を付けてお過ごしくださいね。

星有希那ホームページ

星有希那Twitter

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

江島神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

RIMG0364fc2.jpg


RIMG0369fc2.jpg


先日湘南の江島神社に参拝に行ってきました。

日曜日の道路は混んでいたりら何年もドライブに出かけていなかったりと、迷いながらも首都高を通って江ノ島まで行き着くことができました。

私はペーパードライバーで運転はできないので、運転は旦那に任せて道案内専門です。

江島神社は2年前に電車で行った時に、海風と景色がきれいで癒されたのを覚えています。

もう一つの目的地の寒川神社へ行くなら、江島神社も近いので、1日で2社とも回れると思ったからです。

江島神社のご祭神は、天照大神あまてらすおおみかみが須佐之男命すさのおのみことと誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。

・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
・辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)
龍宮

この三女神を江島大神と称しています。古くは江島明神えのしまみょうじんと呼ばれていましたが、仏教との習合によって、弁財天女とされ、江島弁財天として信仰されるに至り、 海の神、水の神の他に、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として、今日まで仰がれています。福岡の宗像大社や、広島の厳島神社と御同神でもあられます。

江島神社のシンボル「弁天様」をお祀りする奉安殿

妙音弁財天
八臂弁財天
辺津宮の境内の八角のお堂・奉安殿ほうあんでんには、八臂弁財天はっぴべんざいてんと、 日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天・妙音弁財天みょうおんべんざいてん が安置されています。 江戸時代には、この江島弁財天への信仰が集まり、江の島詣の人々で大変な賑わいを見せました。
世にいわれる「日本三大弁財天」とは、安芸の宮島、近江の竹生島、江の島の弁財天のことです。この他、奉安殿の中では、十五童子像、後宇多天皇の勅額、弁財天像扁額、 弘法大師の手形が押された護摩修法による弁財天像を拝観できます。

私は妙音弁財天をお参りしたかったのです。

ちょうどお昼になったので、龍宮にお参りした後で、手前のお店で生しらすとあじ丼を食べました。

窓の外に岩壁の下方に海が見える席に通されて、生しらすは採れたてせいか、甘みがあり美味しかったです。

今回は江ノ島ビールはクルマなので頼みませんでした。

お土産に釜揚げしらすと、磯せんべいを買ってかえりました。


星有希那ホームページ

星有希那Twitter

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

三峯神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

RIMG0326fc2.jpg


曲がりくねった道を走り三峰山に向かう途中、一級河川・荒川の本流最上流部に建設された二瀬ダムをバスから眺めました。

紅葉にはまだ少し早い山々の緑が、ダムの水面に鏡のように映って疲れた体を癒してくれます。

秩父三社めぐりツアーの最終目的地である三峯神社に着きました。

御祭神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)です。

髄身門には狼が神の使いとして左右に居り、三峯神社では狛犬ではなくて狼が大切にされています。

三峯神社のパワースポットは、樹齢800年と言われるご神木です。三度深呼吸してから木に触れ、お祈りすると、体に気が流れ込んできます。

鮮やかな彫刻が素晴らしい拝殿もパワースポットです。商売繁盛、心願成就、金運上昇など様々なご利益があるそうです。

縁結びの木は、もみの木と檜がぴったりと寄り添っているとこから縁結びの木と呼ばれています。恋の願いを叶えてもらいましょう。

石畳に龍神様が2012年に突如姿を現したのを、見ることができました。

三峯神社とゆかりのある神々を祀った小さな神社ある中に、諏訪神社と伊勢神宮がありお参りできました。

三峯神社は樹齢が古い木々にたくさん囲まれているので、空気がきれいで落ち着いた霊気を感じる神社でした。

このバスツアーに参加した日は私自身の転機で、浄化の時期でもありました。

その結果、ここ1か月で大きな転機を迎えたのです。

はとバスツアーは、バスガイドさんが本格的に観光案内をしてくれるので見どころを外さずお得感がありました。


星有希那ホームページ

星有希那Twitter

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

秩父神社、寶登山神社

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那

RIMG0360fc2.jpg


RIMG0336fc2.jpg


秩父三社めぐりバスツアーに行ってきました。

新宿発で長瀞にあるレストランで昼食がついた、寶登山(ほどさん)神社、秩父神社、二瀬ダム、三峯神社をめぐる初のはとバスツアーです。

雲は多かったものの雨は降らなかったので暑くなく寒くもなく快適な一日を過ごすことができました。

一緒に行ったのは、いつもバスツアーにお付き合いしてくれる友人です。

朝8時に新宿を出発して、秩父に向かいました。

添乗員さんとバスガイドさんがツアーの説明をして下さるのでサービス満点です。

参加人数が少ないのにもかかわらずバスを出してもらえたのでラッキーでした。

その分車内は余裕があったのでリラックスしてくつろげることができました。

最初に着いたのは秩父長瀞にある寶登山神社です。

今回も時間内に御朱印を頂くので、効率良く行動するのに友人の第六感が冴えて上手くまわれました。

連休明けの平日ということもあり、参拝に並ぶこともなく、散策する余裕がありました。


寶登山神社・御祭神

我が国をお肇はじめになられた神武天皇
神日本磐余彦尊
~かんやまといわれひこのみこと~
第一代の天皇で、皇室の祖先にあたります。九州の日向の国を出発してから瀬戸内海を経て河内、そして紀伊に迂回をし熊野、艱難辛苦の旅の末ついに中洲の大和に入り、橿原の地にて御位につきました。

日本の神話 神武天皇
大山祇神
~おおやまづみのかみ~
山を司る神、人の生活に欠かせぬ水に始まり動植物、いわゆる山の幸を無限に恵み給う神。神犬の大口真神を御眷属としてお使わし下さり我々をご守護下さいます。

火産霊神
~ほむすびのかみ~
ホは火を表し、ムスビは物を生成する神秘の力を表し、燃え盛る炎が人の生活に必要な様々なものを生み出しして無限の幸を授けて下さると共に、火を司って下さる。

寶登山神社の社殿後ろには出世を表す彫刻が描かれています。

本殿左右の欄間に施された彫刻には、8話の親孝行が描かれています。

原色がきれいで彫刻に見入ってしまいました。

次は長瀞の石畳の散策の後、コスモスが咲くガーデンレストラン桜で昼食をいただきました。

続いては秩父駅前でバスを降りて徒歩で秩父神社への参拝です。

秩父神社・ご祭神

御四柱の神々をお祀りしています

八意思兼命やごころおもいかねのみこと
~政治・学問・工業・開運の祖神~

知知夫彦命ちちぶひこのみこと
~秩父地方開拓の祖神~

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
~北辰妙見として鎌倉時代に合祀~

秩父宮雍仁親王ちちぶのみややすひとしんのう
~昭和天皇の弟宮様、昭和28年に合祀~

名工、左甚五郎が彫刻に施したと伝えられるつなぎの龍、子宝、子育ての寅は迫力がありますので、ぜひ見てください。

秩父神社の水占いは良縁を授かると言われています。

水占いとは秩父神社のご神体山である武甲山の原水のお水に、巻物になっているおみくじを浸すと文字が浮き上がってきます。

幻想的なおみくじを私も記念にひいてみたいと思い、水占いを挑戦してみました。

歩いて秩父駅前のバスに戻り三峯神社へと向かいます。


星有希那ホームページ

星有希那Twitter


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

戸隠神社五社めぐり参拝ツアー②

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那





戸隠神社の奥社と九頭龍社の参拝が終わり、後半の三通を回るために宝光社の近くでバスを降りて地図を見ながら歩き始めました。


宝光社
祭神・祭神天表春命(あめのうわはるのみこと)
由緒・ご神徳杉の古木の中、270余段の石段を登ると神仏習合時代の面影を残す荘厳な社殿があり、その荘厳さは多くの信者の尊信を集めています。
祭神は中社祭神の御子神様で、開拓学問技芸裁縫の神・安産の神・女性や子供の守り神として御神徳があります。


前半のハードな石段登りで、体力を使い果たしていましたから、宝光社の270段の階段は避けて、女道であるなだらかな坂道の方を遠回りして登ることにしました。

ただ、高さは同じですから時間がかかりそちらもハードでした。

次に火之御子社に向かう山道を、落ち葉を踏みしめてグラウンディング感覚で地球と一体になるワークのようです。

地球や自然を信頼すると、転んだり滑ったりすることがなく歩けると本で読んだことを実行する機会が与えられたのです。


火之御子社(ひのみのしゃ)
祭神・天鈿女命(あめのうずめのみこと)
由緒・ご神徳承徳二年(1098)頃の創建で、岩戸の前で舞われた天鈿女命が主祭神で他に三柱の神様をお祀り申し上げております。
  戸隠山の神様が神仏習合されていた当時も、このお社だけは神社として終始しておりました。戸隠神社太々御神楽は、この神社に仕えていた社人によって古来より伝えられ現在に至っております。舞楽芸能の神、縁結の神、火防の神として尊崇されております。
近年は参拝される方が多く、境内には樹齢500年を超える『結びの杉(二本杉)』と有名な西行桜があります。


残るは五社の中では一番真ん中にあり、お店もあると言われている中社へ向かいました。


中社(ちゅうしゃ)
祭神・天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)
由緒・ご神徳素戔嗚尊の度重なる非行に天照大神が天岩戸にお隠れになった時、岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったという神です。学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があります。
また、境内には樹齢700年を超えるご神木、樹齢800年を超える三本杉があらます。


中社の奥にはさざれ滝があり、夕暮れから薄暗くなりかけていく中で崖に腰掛けて瞑想タイムをと李ました。

都会の喧騒から離れて、滝からのマイナスイオンが心身をリフレッシュできました。

三本杉にも手で触れて、杉の木が何世紀にも渡り、何もも言わずにこの世を見てきた精霊のエネルギーパワーを感じました。

ツアーのバスに戻るころには、すっかり日が暮れて街灯がない所は真っ暗になっていました。

今回のツアーは、五社をすべてまわることがてきて良かったと実感しています。

思った程には疲れなかったのは、戸隠の神様と大自然の守護のお陰でしょう。

一緒に行ってくれた友人が気遣いをしてくれて感謝です。

冬は雪で戸隠神社は閉めるそうなので、良い時期に参拝できてラッキーでした。

星有希那ホームページ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体