しあわせの中へ
直感こそ天からのメッセージであり、この世界を楽しむための気づきです。
7日七夕

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
みなさまがしあわせになるようなメッセージを書いています。

応援する
↑応援してくださる方はクリックしていただけると幸いです。

あなたの愛と光が大きく輝きますように。

星有希那




7月7日は「七夕」(たなばた)五節句の一つです。

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われています。

子どもの頃は毎年、短冊に願いを書いて川に流したものです。

【織姫と彦星の物語】

昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。天の神様には、一人の娘がいました。名前を織姫と言いました。織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。
織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、お婿さんを迎えてやろうと思いました。いろいろ探して見つけたのが、天の川の岸で牛を飼っている、彦星という若者です。彦星はとても立派な若者でした。織姫も輝くばかりに美しい娘です。二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。
二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。でも、仲が良すぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いにくるようになりました。「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」
神様はすっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に分かれて暮らすがよい」と言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。でも、天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。「年に一度だけ、7月7日の夜だけ、彦星と会ってよろしい」それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。そして、待ちに待った7月7日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます。

7日の七夕が晴れて、織姫と彦星が会えますように。


幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック